丸の内仲通りテラス席でランチ@GARB東京:コロナ対策もばっちりです。

週末に久しぶりに東京駅前にでかけました。

 

目次

 

丸善オアゾを散歩

私にとって東京駅周辺の楽しみは、何といっても大型書店です。

まずはオアゾ丸善で「今 はやりの」本を物色。

やはり東京駅前の本屋さんは、品ぞろえが地元とは大違いで、店内を歩くだけでもワクワクします!

中を確認してから買いたいと思っていた本が何冊もあり、確認できて満足です。

 

丸の内仲通りのテラス席

一通り丸善の店内を巡回した後はランチ。

 

お店をさがしながら丸ビルあたりをうろうろしていると、飲食店のテラス席らしきものがみえてきました。

 

丸の内仲通り

 

キッチンカーのお店で注文して、テラス席でいただく方式。

 

 

「歩行者専用」の看板を見ると、平日はランチからティータイム、週末と祝日は11時~17時まで歩行者専用になっていることが分かります。ここのテラス席でゆっくりランチやお茶ができるようです。

 

コロナ禍で、東京のど真ん中でランチするのは初めてなので、感染対策がどんな風になっているのか気になっていましたが、テラス席がたくさん用意されているなら安心です。

 

GARB Tokyo(ガーブ東京)でランチ

そんな仲通りにあるお店のひとつ、GARB Tokyo(ガーブ東京)でランチしました。

人気店のようで、ひときわ賑わっていました。

 

ガーブ東京のコロナ対策

お店の前でスタッフに声をかけて、検温をしてもらい、手指の消毒をします。

健康上の理由で感染に気を付けていることもあり、席はテラス席にしました(というか、人気があって店内席は満席だったようですが)。

 

お店の構えに沿ったテラス席と、お店の目の前の道路(仲通り)にもテラス席があります。 わが家は仲通りにあるテラス席でした。

  

席につくとお水とカトラリーが運ばれてきました。

おそらく感染対策ですね、お水はペットボトルでした。

テーブルの文字(↓)にも注目していただくと、色々と対策されていることが分かります。

 

お料理の注文の仕方も気を使っていました。

 

QRコードで注文

テーブルには、QRコードがついているレシートが置いてあり、そこでQ

Rをよみとって、スマホで注文をします。

 

おのぼりさんのわが家、そんな注文方法は、初体験です!!

この方法なら、人との接触を極力減らせますね。

このような(↓)画面でした。

ホリデーランチセットを注文しました。

 

 


スマホで注文して暫くすると、お料理が運ばれてきました。

 

ホリデーランチセット

まずはサラダ。

 

イベリコ豚肩ロース肉の熟成ロースト ヴェルデュレットソース

“べるでゅえっとそーす”ってなんだ??・・・調べてみると、ハーブを使ったソースのことだそうです。ヴェルデュレッとは、フランス語で「青葉」を表すとのこと。

 

何やら難しそうな名前ですが、それはともかく、お肉も柔らかくて、ソースもとても美味しかったです。テラス席で少し寒かったので、ほどよい温かさでした。

 

写真にはありませんが、お肉料理には、ライスかパンが選べます。

ライスは、普通サイズ、大盛り、小ライスが選べます。

私は迷いなく小ライスを選びましたが、食が細い私でも少し無理をすれば完食できる量でした。

玄米(たぶん)が混じっていて、私は好み。

 

 

パスタランチ。ツブ貝とフレッシュトマトのアーリオ・オーリオ 九条ネギのピューレがけ

何年も前に、地元のイタリアンのお店で食べてものすごく美味しかったパスタがあったのですが、偶然にも今日、その味に再び出会った!という感じでした。

さっぱりしていて食べやすかったです。

 

パスタにはパンがついています。

(さきほどの写真↓)

 

サラダの前にパンが運ばれてきたのですが、パンのお皿が空くと次々におかわりが運ばれてきて、食べすぎると待っている間にお腹いっぱいになりそうです(笑)。

 

*****

お食事が終わると、デザートがついてきます。

本日のデザートは、「マロンケーキ」でした。

・・・が、写真を撮るのを忘れました。残念。

 

小ぶりで洋酒が効いていて、辛党の私でも無理なくいただけました。

 

セットメニューにはドリンクがついていないので、ご注意を!

私たちは、それを知らずにドリンクを注文せず、ケーキをお水でいただくことになったのが少々残念なミス(^^;

 

*****

かなり久しぶりに丸の内にでかけて、最近の東京をながめておしゃれなランチもいただいて(たまの贅沢もして)、人も思ったよりも少なくて安心でしたし、わが家にとってはちょうどよい、充実の週末となりました!