四季報2021年夏号。付箋をつけたのは212銘柄。

先日、会社四季報の2021年夏号が読み終わらない…という記事を書きました。

  

www.mimiko335.info

 

その後、亀の歩みで読み進め、連休初日の今日、やっと読み終わりました。長かった…

 

 

 

 

読みながら、気になる銘柄に付箋をつけ、ついでにhyperSBIに銘柄登録をしました。

その結果、付箋がついた銘柄は「212銘柄」にもなりました。

 

会社四季報2021年夏号

 

 

 

私の銘柄選択基準は以下のとおりです。

初心者の私にオリジナルの選択基準があるわけもなく、本で勉強したことを元にした基準です。

 

1.ROE10%以上、ROA5%以上

2.実績で増収・増益3期以上+予想でも増収・増益

3.自己資本比率40%以上

 

あとは、著名な大口が株主欄に名を連ねているかとか、現金同等物にくらべて極端に有利子負債が多くないかなど、こまごまと混ぜ合わせながら、選んだつもりです。

 

お気づきの通り、PER、PBRは、銘柄選択の段階ではみませんでした。

四季報発売から既に時間がたっていて、変化しているからです。

 

 

 

それにしても、四季報、付箋だらけですね。

 

本に対して縦方向に貼った付箋は、私が選んだ銘柄たち(暖色系の付箋がメイン)。

本に対して横方向に貼った付箋は、夫が選んだ銘柄たち(寒色系の付箋がメイン)です。

 

私は基本的に成長株(のつもり)を選び、夫は基本的に高配当やバリュー銘柄を選んでいるので、ほとんど重なることはありませんでした。

 

登録した銘柄たちを日々観察して、主にチャートを見てよいタイミングだと思ったら売買しようと思っています。

 

ちなみに夫が選んだのは、139銘柄なので、私の分と合わせると351銘柄。

これをマメに監視するとなると、かなりの労力になりそうです。

もう少し考えて、数を絞らないと…と思っています。

 

  

 ※投資は自己責任でお願いします。