おうちステーキの後のお楽しみは。

本日の晩酌のお供は、ステーキでした。
料理をしない夫ですが、ステーキだけは焼いてくれます。

20210612_231630


晩酌がひと段落した頃、ステーキを焼いた後のフライパンに残った、肉のうまみたっぷりの油を使って、ガーリックライスを作るのがわが家の定番(これは私が作ります)。

フライパンに残った油の上に、刻みニンニクをたっぷり入れて少し熱した後に、ご飯を混ぜて。
ステーキを食べる時に使ったステーキソースの残りを混ぜて…
あとは適当にマジックソルト、塩コショウ、味が薄ければステーキソースを加えたりして味を調えます。

今回は、あまりかき回さずに、おこげができるほど放置しておいたところ、香ばしくパラパラのガーリックライスができることが分かりました。
かき混ぜすぎるとベタベタになる。

出来上がるとフライパンごとテーブルにもっていき、フライパンから直に取り分けていただきます。
熱々で最高です。

ガーリックライスのほかに、例えば野菜や肉、魚介のアヒージョや、焼肉をした時なども、同じようにスパイシーな炒めご飯を作って楽しみます。

家族以外にお出しするわけでもないので、少々失敗しても大丈夫。
その日の食事で使った残りのドレッシングなども混ぜたりして、その日にしかできない味が出来上がることもあります。

夫には大好評で、夫は「よその家もこんな風に作ってるのかなぁ」とよく言っています。
まあ、人が考えることなんて似たり寄ったりだと思うので、たぶん、どの家でもやっていると思いますけれど、私は。